• ホームへ
  • サイトマップ
  • サイトポリシー
  • 小
  • 中
  • 大

冨岡由理弥

ソプラノシンガー

いつも心に歌声を

現在位置  |  ホーム > コラム > 教えるという勉強

コラム

教えるという勉強

自分自身が当たり前のように出来ることでも、完全なアマチュアの生徒さんには、それが容易ではない。
その場合、解りやすく、そして尚且つ簡潔に、それを言葉として伝えなければならない。

「真似すれば良い」って思うかも知れませんが、その真似が出来ない場合は、言葉で理屈で説明しなければならない。
場合によっては、ディズニーのキャラクターを例題にする事もあり、昔のテレビゲームのキャラクターだったり・・・
時にはあまり上品ではない、例え話を出す事もあります。

どちらにせよ、生徒さんが理解しやすいように、そしてイメージが湧きやすい方法を、手をかえ品をかえ、伝えます。
年齢により、イメージ出来るものも違うので、生徒さんの年代に合わせた表現が必要となります。

とはいえ私もまだ教わる身。
これから先も、「今以上に成長して行きたい」という意欲があるので、その意欲が続いているうちは私も教わる事をやめません。
プロフェッショナルな事を習いながら、それを噛み砕いてフィルターに通し、アマチュアの生徒さんへ伝授させて頂く。

教えるという作業は、教わるのと同等にとても勉強になります。
インプットし続けてるからアウトプット出来る。
だからいつまでも現役にこだわります。

  • 財団法人東京二期会
  • エヴァーグリーン混声合唱団
  • 冨岡由理弥公式ブログ